膝が痛い・変形性膝関節

膝が痛い

  • 膝に水が溜まる
  • 膝が痛くて足を引きずって歩いている
  • 起床時やよく歩いた日は膝がこわばる
  • 膝に違和感を感じる
  • 膝の痛みで正座が出来ない

膝が痛いと、身体を動かすのもつらいですよね。
膝の痛みで悩まれていらっしゃるのはご高齢の方だけではなく、30代と若い世代でもスポーツや肉体労働など膝に負担がかかる動作を頻繁に繰り返していると、膝に痛みが出てきます。

膝をかばいながら、痛みを我慢して日常生活を送っていると、どんどん痛みが増し、最初は膝だけが痛かったはずが、他の部分にもひずみが出てきてしまい、手術を検討する事態になってしまう可能性もあります。

動画で簡単♪足痛解消ストレッチ!

何故、膝が痛くなるの?

膝が痛くなるのはこれらの理由だけではありません

  • 体重が重い
  • 年齢的なもの
  • 運動不足
  • 骨の変形、軟骨のすり減り
  • O脚やX脚

膝が痛いのは、これらが関係していると思ってはいませんか?
確かに、年齢を重ねたり、体重が増えると膝への負担はかかります。
病院や整形外科で「運動をした方がいいですよ」と言われ、歩いてみようと頑張ってみたものの、膝が痛くて長続きしなかった、という経験がある方も多くいらっしゃいます。

注意していただきたいことは、間違った方法や考え方では、むしろ逆効果で、膝の痛みが増す場合がある、ということです。

痛みの原因となっている部分を見極め、解消しない事には、膝の痛みは繰り返されます。

「どうせ良くならない」と諦めてしまわないで!

大津ひらく整体院・鍼灸院では、ヒアリングと検査をしっかり行い、痛みの原因を見極め、「今まで曲がらなかった膝が少しでも曲がるように」、「今まで膝が痛くて出歩けなかった方も、痛みを気にせず歩けるなるように」、お一人お一人に合った施術法で、膝の痛みから解放致します!

膝が痛い!水が溜まった!どうしたら良い?

大津ひらく整骨院膝痛施術

「膝に水が溜まる」「水を抜きに行っている」という方が当整体院・鍼灸院に、よくいらっしゃいます。

膝の水は本来、膝の関節を滑らかに動かす潤滑油のような役割をしています。
膝に何かしら負担がかかり炎症が起きると、その炎症を鎮めようと、潤滑油である水が出てきます。

水は自然に関節へ吸収されるのですが、ずっと炎症が続いている場合は水が出続け、膝に溜まり腫れたりします。
水を抜くと関節が動きやすくはなりますが、これで膝の痛みが良くなったわけではありません。

しっかりと、その痛みの原因となっている部分を見極め、解消しない事には、膝の痛みは繰り返されます。

痛いと動かすのもつらいですよね。
かばいながら無理をしていると当然、身体もゆがんでしまいます。

大津ひらく整体院・鍼灸院 膝の痛み施術法

大津ひらく整体院・鍼灸院では、膝の痛みの原因は身体のバランスにあると考えています。

時間をかけて、カウンセリングと検査を行い、以下の項目を元に、身体全体に不調を与えていないか、把握します。

  • 骨盤、骨格が歪んでいないか?
  • 歩き方が正しいか?歩き方の癖はないか?
  • 日常生活での動作やクセはないか?
  • 膝の動きは正常か?痛みや不調はないか?
  • ストレスを受けていないか?

膝の関節は日常生活で最も体重がかかり、大きく動く関節なので、膝へのストレスは相当なものです。

膝周りの筋肉、かばって歪んでしまった骨格など、本来の正しい動きが出来るように調整していきます。
悩みの元である、膝への負担、身体のあらゆる所でストレスとなっている動き、これらがスムーズに働きだすと痛みは軽減します。

諦めの気持ちから前向きな気持ちへ!
今まで曲がらなかった膝が、少しでも曲がるようになれば嬉しいですよね。
スタッフ一同、一丸となってサポートします。是非、お任せください!

膝の痛み施術初回限定1,980円