交通事故・むち打ち

交通事故イラスト

  • 後遺症として残らないか心配
  • 小さな事故だったが段々と辛くなってきた
  • 交通事故に遭い、むち打ちになった
  • 頭痛やめまい、吐き気、しびれもある
  • 身体が疲れやすく倦怠感もある

交通事故は大きい小さいに関わらす、誰もが動揺してしまう出来事です。
事故に遭った直後は身体も心も興奮状態にあり、相手側や保険会社などのやり取りに気を使い、少しの痛みや違和感があっても、「大したことは無い、自分は大丈夫」などと思ってしまいがちです。
しかし、何ともないと思っていた身体は想像以上にダメージを受けています。それは、事故の大小に限らずです。
少しの痛みや違和感を、「仕事が忙しい」「そのうち良くなるだろう」と放っておくと、段々と痛みが増してきて、そのうち身体を普通に動かすことさえ辛くなり、頭痛やめまい、吐き気なども伴います

交通事故のケガで一番多い「むち打ち」

事故によるケガの中で一番多いのが「むち打ち」です。
事故後数日経ってから痛みや不調を感じやすいのですが、ケガなどのように、目に見えるものではないので、周りにも理解されにくく、1人苦しんでいる方もたくさんいらっしゃいます。

交通事故による、むち打ちとは?

むち打ちとは、事故の衝撃で頭が大きく揺さぶられ、首がムチのようにしなることからそう呼ばれています。

首に大きな衝撃が加わるため、首の周りにある筋肉、靭帯が傷つき、肩や首、背中の痛み、違和感、握力の低下、しびれ、倦怠感、吐き気など様々な不調が出てきます。

事故に遭ったらどうすれば良い?

STEP1.警察へ連絡

交通事故にあったらまず警察に電話事故の大小、加害者、被害者どちらになっても、必ず警察に連絡をしてください。軽い交通事故の場合、加害者に、「警察を呼ばずに示談にして下さい」と言われることがあるかもしれませんが、当事者同士で示談交渉をしてはいけません。
警察が発行する「事故証明書」が、保険金を請求する時に必要となるからです。
交通事故に遭うと、どこかしらに衝撃は加わっているはずで、事故直後は痛みがなくても、後から痛みが出てくることが往々にしてあります。任意保険や自賠責保険を利用して検査や治療をしたい場合は、この「事故証明書」が必ず必要となるのです。

STEP2.医療機関で的確な検査
交通事故に遭ったら病院でレントゲンを撮る大した事故ではなく痛みがないからと言って放っておいたり、そのうちよくなるだろうと様子を見ていて病院にいかないのはNGです!
痛みがある無しにかかわらず、早めに医療機関へ行きましょう。
交通事故後5日以内には必ず病院・整形外科で検査をしてもらい、医師しか作成出来ない「診断書」を発行してもらう必要があります。
STEP3.大津ひらく整体院・鍼灸院にて施術
大津ひらく整骨院・整体院でのむち打ち施術風景当整体院・鍼灸院は交通事故施術が専門の整骨院です。
保険会社との手続きから、ケガの施術まで1つひとつ丁寧にサポートいたします。
医療機関との併院も可能です。整骨院のみ通うのではなく、定期的に医療機関を利用することで、早期の回復が見込まれます。
平日の夜、土曜祝日と営業しているので、会社帰りの方や学校の部活帰りのお子様まで、お気軽にお越し頂けます。
駅から近く、予約優先制なのでさっとお立ち寄りいただけ、待ち時間も少ないです。

大津ひらく整体院・鍼灸院 交通事故むち打ち施術方法

交通事故むち打ち施術風景当整体院・鍼灸院では、むち打ちや、その他の事故による痛みは、身体全体の歪み、バランスを整えることが重要だと考えております。

お1人おひとり、事故に遭った状況、ケガの具合は違いますので、カウンセリングと検査に十分な時間を取り、どこに原因があり辛いのか、全体を把握します。

事故後の身体は非常にデリケートなので、触られるのもつらい、不安だと少しでも感じるのであれば、遠慮なく仰ってください。
決して無理をせず、その方に応じた方法で施術をします。

事故の衝撃で、身体は思いのほか力が入ってしまい、筋肉は緊張しています。緊張をほぐしながら、歪んだ身体を首から骨盤、足まで調整し、本来の正しい姿勢に戻します。

後遺症が残らない身体づくりをします

皆さんが一番心配されている、後遺症に繋がらないように、しっかりと根本から整えていきます。

ダラダラと通っていただいたり、期間を延ばしたりはしません!

大切な時間とお金を無駄にしない、質の高い施術であなたをサポートします!是非、お任せください!